鎌倉の世界遺産登録に向けた取組は、平成4年(1992)に「古都鎌倉の寺院・神社ほか」として、ユネスコ世界遺産暫定リストに掲載されたことに始まります。

「鎌倉」の世界遺産登録にあたっては、鎌倉市だけでなく構成資産になり得る史跡が所在する、横浜市や逗子市との協働が必要であることから、平成19年7月に取りまとめ役を担う神奈川県を含めた4県市により「神奈川県・横浜市・鎌倉市・逗子市世界遺産登録推進委員会」(以下、4県市推進委員会)を設置し、4県市で準備を進めています。

このホームページでは、4県市推進委員会が進めている「鎌倉」の世界遺産登録の取組を紹介しています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

「武家の古都・鎌倉」ホームページはこちら
http://www.bukenokoto-kamakura.com/
4県市推進委員会では、「武家の古都・鎌倉」のコンセプトにより世界遺産登録を推進していましたが、2013(平成25年)4月にユネスコの諮問機関であるイコモスから「不記載」勧告を受けたことにより、推薦を取り下げました。上記ホームページでは、「武家の古都・鎌倉」の推薦書の概要を紹介しています。
なお、今後、4県市では、改めてコンセプト及び構成資産を練り直し、早期の世界遺産登録を目指しています。